JR新山口駅から徒歩5分、皆様に信頼、満足していただける医院を目指しています。

コンタクトレンズ

  • HOME »
  • コンタクトレンズ

 コンタクトレンズは、目の状態に合わないものを使用したり、使用方法を間違えると、角膜や結膜に障害が起こったり、いろいろな病気を併発することがあります。
 あだち眼科では、皆様がコンタクトレンズを快適に、安心して使用して頂けるよう、コンタクトレンズに関する相談や処方を行っております。

コンタクトレンズの種類

 コンタクトレンズは、素材や交換サイクルの違いなどにより、いくつかのタイプに分類されます。

● ハードコンタクトレンズ
 素材がプラスティックで硬いため、最初は違和感があるので、少しずつ慣らす必要があります。瞳に必要な酸素をよく通すこと、乱視の矯正に優れていること、耐久性があるので長期間利用できるなどの利点があります。
● ソフトコンタクトレンズ
 名前のとおり素材が柔らかいので、装着しても違和感が少なく、また、外れにくいのでスポーツに適しているなどの利点があります。
 一方、レンズ自体が水分を含むので、タンパク質などの涙の成分や汚れが付きやすいなどの注意点があります。
● 1日使い捨てコンタクトレンズ
 1日だけ装用し、翌日は新しいコンタクトレンズに交換します。
 ケアの必要がなく、常に清潔なレンズを使用することとなるので、目のトラブルが少ないレンズです。
● 2週間使い捨てレンズ
 2週間(14日間)ごとに交換するタイプで、1日装用した後は、専用のケア用品で手入れをする必要があります。

※ 機能別に近視用、遠視用、乱視用、老眼用のレンズがあります。

コンタクトレンズ購入の前に

 コンタクトレンズは、心臓ペースメーカーや人工関節などと同じ「高度管理医療機器」に指定されています。
検査_edited-1
 高度管理医療機器とは、副作用・機能障害が生じた場合に、人の生命や健康に重大な影響を与える可能性があり、適切な管理が必要として厚生労働大臣に指定されている医療機器のことです。
 コンタクトレンズの間違った選択や使用は眼の疾病を招く恐れがあるため、レンズを購入し使用する前に必ず眼科医の検査・処方を受ける必要があります。
 眼科医では、視力や角膜のカーブの測定だけでなく、眼疾患の有無、涙の量、コンタクトレンズの動き、使用目的や使用環境などを総合的に検討して処方されます。

コンタクトレンズ使用上の注意

 コンタクトレンズは、正しく装用し、正しい方法でケアを行うことが必要です。
image63500_031

  • レンズ毎に定められた装用時間、装用方法を守ること。
  • レンズ毎に定められたレンズケアをきちんと行うこと。
  • レンズケースを常に清潔に保つこと。
  • 深刻な眼障害が起こる前に発見し、早期に治療が出来るよう、定期的に眼科医にて検査を受けること。

山口市小郡下郷明治北1216番10 TEL 083-976-8367 お気軽にお問い合わせください。

Copyright © 医療法人 あだち眼科 All Rights Reserved.